このページの先頭です

育毛剤対策をしながら人目が気になるつむじはげを隠す方法!

40views

投稿日:

つむじはげは早めに育毛剤で対策をすることが大切

つむじはげに多い原因はAGA

「O型はげ」ともいわれている、頭頂部を中心として円状に薄毛が広がる症状は、主に男性に多く見られます。頭頂部だけ抜け毛が増えてしまう原因は、生活習慣の乱れや食生活のバランスの悪さなども挙げられますが、最も多いのがAGAといわれる男性型脱毛症によるものです。

AGAは男性ホルモンが由来となるジヒドロテストステロンと呼ばれる物質が引き起こすもので、生え際や頭頂部にのみ抜け毛を増加させ薄毛にしてしまいます。そして、このジヒドロテストステロンを生成する元になる5αリダクターゼの活動を抑制するために、育毛剤の使用による対策がすすめられています。

育毛剤の使用によって頭皮の状態を向上させ、毛乳頭や毛母細胞の活動を活性化させます。何も対策を行わなければどんどん薄毛が進行してしまいますので、早めに育毛剤の使用を開始して食い止め、発毛を促すことが大切です。早めに使い始めることにより、得られる効果も大きくなります。

帽子で隠すのは避けたほうが無難

つむじはげは非常に目立つため、育毛剤で対策を行いつつも人目が気になって帽子をかぶる人が少なくありません。比較的簡単にはげを隠せる方法ですし、紫外線の刺激からも守れるという点ではメリットがあります。

しかし、薄毛を改善して育毛を行うという点から見ると、頭皮が蒸れやすくなり、負担が増えるので、逆に抜け毛を増やす原因となってしまいます。

また、頭にぴったりと密着する帽子を被っていると、せっかく育毛剤を使用していても血液循環が悪化してしまい栄養が浸透しにくくなってしまいますし、効果が出にくいどころか発毛が阻害されてしまうのも問題です。

育毛剤で薄毛をケアしていくのであれば、頭皮を圧迫しない方法ではげを隠す手段を見つけることも大切になります。帽子は長時間の使用を避け、なるべく頭を締め付けないものを選ぶようにするのがおすすめです。

頭皮に負担をかけずに効果的につむじはげを隠す方法

坊主にしてしまう

はげてしまっていると髪の毛のある部分との差が大きくなってしまいますから、全体的に短く剃ってしまうと目立たなくなります。上手な方にカットしてもらえば、ただ剃るだけではなく効果的にはげを誤魔化すことも可能です。

オールバックにする

前頭部に髪の毛が残っていて頭頂部のみがはげてしまっている場合には、前方の髪の毛を後ろに流すことで頭頂部を覆い隠すことが可能です。スプレーで固めれば風で乱れることも少なくなります。

ソフトモヒカンがオシャレ

頭頂部が完全にはげてしまっている場合には難しくなりますが、短い髪の毛を立ち上げる髪型にすることで、頭頂部が多少薄くても目立ちにくくなります。

増毛スプレーや増毛パウダーで誤魔化す

髪の毛に黒いパウダーを振り掛けて定着させたり、スプレーをすることで視覚的につむじの地肌を目立たせなくします。シャンプーをすれば簡単に落とせますし、安く売られているので比較的手軽です。

部分ウィッグを使う

帽子を利用するのであれば、同じ被るものであっても頭頂部のみに利用できる部分ウィッグの方がおすすめです。通気性に優れているものも多く、頭皮に負担をかけずに自然な仕上がりにできます。ワンタッチで着脱できるものが便利です。

つむじはげを隠しながら毎日育毛対策を続けること

つむじはげを上手く隠せても、薄毛の進行が止まるわけではありません。目立たなくしつつ毎日育毛剤でケアを行っていくことが大切です。改善していけばだんだんと隠す面積も減ってきますし、対応も楽になっていきます。

人目を気にしないように隠しながら薄毛のコンプレックスでストレスを感じないようにし、しっかりとケアしていくのがポイントです。