このページの先頭です

超重要!男性用育毛剤の種類と知っておくべきポイントとは?

208views

投稿日:

男性用育毛剤の種類とその比較

抜け毛やはげで悩んでいる男性の味方である育毛剤。そんな育毛剤を使って対策を行いたいところですが、男性用育毛剤と一口にいっても、その種類はいくつかあります。それぞれ比較して見ていきましょう。自分がどのタイプに当たるのかを考えながら読んでみてください。

傷んだ頭皮を改善するタイプ

シャンプーをし過ぎたり、刺激の強い育毛トニックなどを使用したりすると、頭皮は潤いを失ってしまいます。そういった症状を改善して健康な髪の毛を作り出す効果があるのが、このタイプの育毛剤です。

潤いを失ってしまった頭皮は、フケが出やすいだけでなく毛穴が塞がってしまっているため、髪の毛の成長が妨げられています。毛穴詰まりが起きてしまっていると、細菌が増え頭皮に炎症が起きてしまいます。このタイプの育毛剤には、イチョウ葉エキスや海藻エキスなどといった成分が含まれています。

男性ホルモンの働きを抑制するタイプ

男性型脱毛症(AGA)の人におすすめのタイプの育毛剤です。AGAをもたらすとされている男性ホルモンのテストステロンは、5aリダクターゼと呼ばれるものと結合することによって、男性型脱毛症を引き起こすジヒドロテストステロンを生成します。

このタイプの育毛剤は、この5aリダクターゼの働きを抑制する効果があります。抜け毛対策にはもってこいのタイプです。このタイプの育毛剤には、フィナステリドと呼ばれる成分が含まれています。

頭皮の血行を促進するタイプ

髪の毛に必要な栄養素を届ける役割を担っているのは血液です。つまり、血行を良くすることで髪の毛の生成を促すことができるのです。このタイプの育毛剤には、ミノキシジルと呼ばれる成分が含まれており、この成分は肩こりや冷え性などにも効果があるといわれています。

頭皮、毛根に栄養を与えるタイプ

このタイプの育毛剤は、頭皮や毛根に直接働きかけて栄養を補給します。含まれている成分はたくさんありますが、その中でも特に必要なものは、亜鉛やシステイン、ビタミンです。

直接頭皮で栄養補給を行うため、毛母細胞の分裂が活発化します。このタイプの育毛剤は初心者の人でも非常に使用しやすく、育毛シャンプーやサプリメントなどもそろっています。

男性用育毛剤の知っておきたいポイント

重要なことは成分が毛根まで届くかどうか

近年の育毛剤は、有効成分がどれだけ毛根に届くかという点が重視されています。どれだけ素晴らしい成分が含まれていても、頭皮に浸透せずに流れ落ちてしまっては何の対策にもなりません。

自分に合った育毛剤を選ぶことはもちろん大切ですが、確実に毛根に届く育毛剤を選ばないと、薄毛やはげが改善されなかったということにもなりかねません。

効果が出るのは半年~1年後

多くの育毛剤には、「最低でも6か月は使用を続けてください」と明記されています。なぜ6か月なのかというと、薄毛や抜け毛に悩む人の髪の毛のサイクルが関係してきます。髪の毛のサイクルは、髪の毛が抜け落ちる休止期、髪の毛が伸びる成長期、髪の毛が抜け落ち始める退行期が繰り返されています。

退行期に入ったころに育毛剤の栄養が供給されても、急に生え始めるのは無理な話なのです。加えて、休止期は約3か月ありますから、さらに待たなければなりません。したがって、最低でも半年は使用することが必要です。

半年使用しても効果が得られない場合は、さらに半年使い続けてみてください。それでも効果が得られない場合は、手立てを考え直す必要があります。別の育毛剤を使用してみるか、育毛治療を行ってみましょう。