このページの先頭です

本当に効果的?!育毛剤と育毛シャンプーのメリットとデメリット

157views

投稿日:

育毛剤について

育毛剤のメリット

頭皮環境を改善できる

育毛剤には血行促進の成分や保湿成分、抗炎症成分などの様々な成分が含まれています。そのため、頭皮の血行を促進して乾燥や炎症などの肌トラブルを防ぐことにより、頭皮環境を改善する効果を発揮します。したがって薄毛の原因が頭皮環境の悪化の場合は、育毛剤を使用することで高い治療効果を得られるのです。

AGA対策に役立つ育毛剤もある

「AGA(男性型脱毛症)」は遺伝の影響によって発症する症状なので、頭皮環境の改善では治療できませんが、近年はAGAの治療効果を持った成分が配合された育毛剤が次々に販売されています。したがって、それらの製品を利用することでAGAクリニックや病院などに通わなくても、AGAによる薄毛を改善することが可能となったのです。

副作用のリスクが少ない

育毛剤の多くは天然成分を使用して製造されているので、頭皮や髪の毛に与える刺激が少なく安全に使用できます。ただしAGAの治療成分が含まれた育毛剤を使用すると副作用を発症する場合もあります。また製品によっては添加物が含まれている場合もあるので、購入する製品の成分表をよく確かめることが大切です。

育毛剤のデメリット

個人差がある

育毛剤には頭皮環境の改善や薄毛の防止に役立つ様々な成分が配合されていますが、その効き目には個人差があります。したがって人によってはお金を掛けて使用を続けても、それに見合った薄毛対策の効果が得られない可能性もあります。

すぐに効かない

育毛剤には即効性がないので、使用後すぐに効き目が現れるわけではありません。徐々に体質を変えることで頭皮環境の改善や髪の毛の栄養不足の改善といった効果が現れるので、少なくとも2~3ヶ月程度、場合によっては半年から1年程度は使い続けないと十分な効果が得られないのです。そして得た効果を持続するためには、さらに育毛剤を使用し続ける必要があります。

育毛シャンプーについて

育毛シャンプーのメリット

必要な皮脂を残せる

市販の安いシャンプーに利用されている石油系界面活性剤という成分は、頭皮環境を健全に保つために使われる皮脂まで、汚れと一緒に洗い落としてしまいます。したがって頭皮のバリア機能が低下して乾燥や炎症といった肌トラブルが起こりやすい状態になるので、抜け毛が増加して薄毛が進行してしまうのです。

しかし、育毛シャンプーに含まれているアミノ酸系界面活性剤は、必要な皮脂を残しながら頭皮の汚れを洗い落とすので、頭皮環境を健全な状態に保てます。

栄養補給できる

育毛シャンプーの中には各種ビタミンやミネラルなどを中心に、髪の毛や頭皮の健康維持に役立つ栄養分が豊富に含まれています。そのため、不規則な生活や食生活の乱れによって頭皮・髪の毛の栄養不足が起きている場合は、症状の改善に大いに役立ちます。

無添加

一般のシャンプーの多くには、合成保存料や着色料を中心とした様々な添加物が含まれています。したがって、それらが頭皮や髪の毛に悪影響を及ぼして抜け毛を増やしたり、アレルギーを引き起こしてしまう可能性も。しかし、育毛シャンプーには頭皮や髪の毛に悪影響を及ぼすような添加物が含まれていないので、安心して使用できます。

種類が豊富

育毛シャンプーは種類が豊富なので、一般のシャンプーと同じように体質や目的に合った製品を購入できます。また男性用や女性用といった男女の肌質の違いに合わせて成分が調整されているものや、男女で一緒に利用できる兼用の育毛シャンプーも販売されています。

育毛シャンプーのデメリット

販売価格が高い

育毛シャンプーの中にはコストの高い成分が多く含まれているので、一般のシャンプーと比較すると高額な価格で販売されています。一般のシャンプーの平均価格は300~800円程度ですが、育毛シャンプーは2,000~10,000円で販売されています。

抜け毛の原因によっては効果がない

つむじはげなどの薄毛原因がAGAのような遺伝性の症状である場合は、育毛シャンプーを使用して頭皮環境を改善してもあまり薄毛対策の効果は得られません。したがって育毛シャンプーには頭皮環境の悪化によって進行する薄毛対策の効果しかありません。