このページの先頭です

男性向け育毛剤の効果って?主な効果や種類などを詳しく解説

47views

投稿日:

男性用育毛剤の特徴

男性用と女性用の違い

男性用育毛剤は女性用と比較すると、配合された成分の濃度が濃い傾向にあります。頭皮に強い刺激を与えるため、肌が弱い方の場合は男女兼用の育毛剤を使用することがおすすめです。そして男性用育毛剤の大きな特徴は、男性ホルモンの影響を考慮した製品が存在することです。

男性の薄毛原因のおよそ9割が「AGA(男性型脱毛症)」と呼ばれる症状であり、AGAは「DHT(ジヒドロテストステロン)」という男性ホルモンの影響で発症します。

生活習慣の乱れや栄養不足といった他の要因が薄毛の進行に関わっている場合がありますが、基本的に薄毛原因の多くはAGAの影響です。したがって、男性用育毛剤では男性ホルモンの働きを抑制する製品が人気を集めています。

販売価格

育毛剤の販売価格は様々ですが、高い効果を発揮する成分が含まれた製品ほど高額で販売されています。安い製品を利用しても十分な育毛効果を得られないと意味がないので、最低でも4,000円以上の育毛剤を利用することがおすすめです。

また、育毛剤を購入する場合は公式ホームページなどで定期コースを利用することで比較的安い価格で購入できます。

主な製品

FINJIA(フィンジア)

AGAの原因である5αリダクターゼの働きを阻害する「キャピキシル」という成分や、AGAを発症した頭皮の髪の毛を増やすミノキシジルを改良した「ピディオキシジル」などが含まれています。

BUBKA(ブブカ)

頭皮に潤いを与える「コラーゲン」や、ミノキシジルと同様の効果を持ちながら副作用のリスクがない「M-034」などを含む59種類の育毛成分が配合されています。

IQOS(イクオス)

頭皮の保湿に高い効果を発揮する「ペルベチアカナリクラタエキス」や、髪の毛を増やす効果を持つ「M-034」などを含む61種類もの育毛成分が配合されています。

男性用育毛剤の主な種類

男性ホルモン抑制タイプ

最大の薄毛原因といわれているAGAを発症すると、生え際の後退やつむじはげなどの症状が現れます。この症状は遺伝性なので、栄養補給や頭皮環境の改善といった薄毛対策では改善できません。

しかし、AGAを引き起こす原因である5αリダクターゼの働きを阻害するフィナステリドが含まれた育毛剤を使用することで、AGAによる薄毛の進行を抑制する効果が得られます。

血行促進タイプ

髪の毛の成長や頭皮の健康維持に使われる栄養分は血管によって運ばれます。したがって血管がダメージを受けたり詰まって機能しなくなると栄養供給がスムーズに行われなくなるため、髪の毛が痩せ細ったり頭皮環境が悪化するなどの抜け毛を増やす事態を招きます。

しかし血行促進タイプの育毛剤を使うことで血流を促進して栄養分の補給をスムーズにできるので、髪の毛の成長や頭皮環境の維持をサポートできるのです。

特に「ミノキシジル」という成分は血管のダメージを修復したり血管を増やす効果に加えて、髪の毛の元である毛母細胞を増やす効果も発揮します。さらにミノキシジルはAGAの改善に高い効果を発揮するので、髪の毛を増やしてつむじはげなどを治してくれます。

皮脂抑制タイプ

高脂肪食の摂取や生活習慣の乱れなどが原因で皮脂分泌量が増加すると、余分な皮脂が毛穴を塞ぐ場合があります。その影響で髪の毛の正常な成長が妨げられたり、雑菌の繁殖を招いて抜け毛の原因に繋がる炎症が起きる場合も。

しかし、皮脂抑制タイプの育毛剤を使うことで余分な皮脂の分泌による薄毛を改善する効果が得られます。

乾燥対策タイプ

間違った頭皮ケアや市販の安いシャンプーに含まれておる石油系界面活性剤などの影響で頭皮環境が破壊されると、頭皮が乾燥します。乾燥した頭皮は紫外線などの刺激に弱いため、炎症などの抜け毛を増やす肌トラブルの原因になります。

するとフケが増えやすくなり、毛穴がフケで塞がれて髪の毛の成長を妨げられたり、フケをエサにする細菌が増殖したりと、抜け毛の増加に繋がるトラブルが起こりやすくなります。

しかし海藻エキスやイチョウ葉エキスなどの保湿成分が豊富に含まれている乾燥対策タイプの育毛剤を使用することで、頭皮の乾燥を防いで抜け毛の原因となる症状を改善できます。